方言の多い中国語の翻訳を依頼するときに注意すべきこととは

翻訳を目指すなら諦めずに追い続けることが大切

翻訳家になりたいと考えている人に一言。あなたは「翻訳家」に対してどのようなイメージを持っていますか?私自身翻訳に携わる者として思うのは、「翻訳って、はたして報われるものなのか」という疑問です。昔、翻訳家を志した頃は華々しく映画の翻訳をして映画の冒頭画面に自分の名前が出ることを夢見たりしていました。その後、翻訳学校に通いました。これは、同じ志を持つ仲間ができたという点では良かったと思いますが、逆に、世の中にはこんなにたくさん翻訳家になりたいと思う人がいるのだなあと驚いたものです。(要するに、この中で競争に勝ち抜かないといけないということです)
さらに時が経ち、映画も出版も狭き門で、もう諦めるしかないのかと思ったときに、気付いたのが「実務翻訳」の分野でした。ただ、何となく地味なイメージが先行して最初はあまり気が進みませんでした。そんなとき、友人に勧められてある時事翻訳のコンテストに応募したところいきなり最優秀賞を取ったのが切っ掛けとなり、この分野を志そうと思いました。
そして、今現在、主に時事翻訳の分野でクラウドソーシングや民間の翻訳会社等から仕事を受注する日々を送っています。そんなわけで、これから翻訳を目指す人に言いたいのは、自分の適正を見つめ、決して諦めずに夢を追い続けること。必ず夢は叶います。きつくて収入も大して良くないかもしれませんが、「好き」が根本にあれば大丈夫。頑張って!

注目コンテンツ

翻訳家になる方法とは

プロの翻訳家を目指して日々努力している方は多いのではないでしょうか。しかし、翻訳業は非常に新規参入が難しい業界ですので、素人がいきなり翻訳家になることはまず不可能です。今回は翻訳家に…

Read More

翻訳はどんな人が行っているのか

翻訳をやっている人ってどんな人だと思いますか?私の経験に基づいてお話しさせていただきます。まず考えられるのが「英語が好きな人」。でも、私自身そうなのですが、ただ英語が好きなだ…

Read More

翻訳を目指すなら諦めずに追い続けることが大切

翻訳家になりたいと考えている人に一言。あなたは「翻訳家」に対してどのようなイメージを持っていますか?私自身翻訳に携わる者として思うのは、「翻訳って、はたして報われるものなのか」という…

Read More

翻訳をお願いするときの探し方

翻訳して欲しい素材がある場合どこへお願いをすればいいのか?まず、その言語(たとえば英語)が苦手で個人的に(仕事関係であれ、私的なことであれ)そこに書かれている内容が知りたい場合、クラ…

Read More