方言の多い中国語の翻訳を依頼するときに注意すべきこととは

翻訳家になる方法とは

プロの翻訳家を目指して日々努力している方は多いのではないでしょうか。しかし、翻訳業は非常に新規参入が難しい業界ですので、素人がいきなり翻訳家になることはまず不可能です。今回は翻訳家になるための一般的な方法をご紹介します。
翻訳家になるための一般的な方法は、プロ養成校(翻訳家の登録・仕事斡旋をしている会社)へ入ることです。大手の養成校では語学力に合わせてクラスが編成されており、進級に合わせて専門のジャンル(出版、技術、特許など)を選び、集中的にノウハウをたたきこんでくれます。また、専門コースの卒業試験で高得点を取った場合、学校側がプロデビュー用の仕事を斡旋してくれることがあり、プロの翻訳家として学校に登録してもらうこともできます。ただし、必ずしも仕事を用意してもらえるわけでなく、新規登録者にはほとんど仕事は来ないので、自分から仕事を探す必要があります。翻訳の実務経験がない人に仕事の依頼がくることは滅多にありません。
ですから、実務経験を積むため、翻訳家を募集している会社のトライアルを積極的に受けましょう。合格すればその会社で最低でも2~3年の経験を積むことが望ましいです。将来的にフリーの翻訳家を目指している方は、この実務経験が後で顧客の信頼を勝ち取る材料になります。翻訳業は非常に狭き門です。しかし、努力すれば決して不可能ではありませんので、地道に努力を積み重ねてください。

注目コンテンツ

翻訳家になる方法とは

プロの翻訳家を目指して日々努力している方は多いのではないでしょうか。しかし、翻訳業は非常に新規参入が難しい業界ですので、素人がいきなり翻訳家になることはまず不可能です。今回は翻訳家に…

Read More

翻訳はどんな人が行っているのか

翻訳をやっている人ってどんな人だと思いますか?私の経験に基づいてお話しさせていただきます。まず考えられるのが「英語が好きな人」。でも、私自身そうなのですが、ただ英語が好きなだ…

Read More

翻訳を目指すなら諦めずに追い続けることが大切

翻訳家になりたいと考えている人に一言。あなたは「翻訳家」に対してどのようなイメージを持っていますか?私自身翻訳に携わる者として思うのは、「翻訳って、はたして報われるものなのか」という…

Read More

翻訳をお願いするときの探し方

翻訳して欲しい素材がある場合どこへお願いをすればいいのか?まず、その言語(たとえば英語)が苦手で個人的に(仕事関係であれ、私的なことであれ)そこに書かれている内容が知りたい場合、クラ…

Read More