方言の多い中国語の翻訳を依頼するときに注意すべきこととは

翻訳はどんな人が行っているのか

翻訳をやっている人ってどんな人だと思いますか?私の経験に基づいてお話しさせていただきます。
まず考えられるのが「英語が好きな人」。でも、私自身そうなのですが、ただ英語が好きなだけではいけません。現に、私の友人でも英語が非常に堪能なのにもかかわらず翻訳はダメだ、と言う人がいます。その中には通訳業を営む人もいます。
通訳は待ったなしの仕事で、その場で判断しないといけないのに比べ、翻訳は見直しができる点等大きな違いがあるように思います。では、翻訳業に向いている人とは?不肖私がそうですが、まず第一に慎重であったり、しつこい性格であることが重要かと思います。要するに、調べ物等が多く、わからないまま放置してはおけない性格でないとダメだと思うのです。あと、英語をやっている人に関してよく言われるのが「資格」関係のこと。
私自身、実用英語検定1級と翻訳実務検定TQE3級を取得してはいますが、それで翻訳の仕事が確実にとれるようになったかというと、微妙です。現場では、資格よりもいわゆる「実務経験」が問われることが多く、仕事にエントリーする際には、過去の成果物の提示を求められることが多いです。これは仕事をGetする上で非常に大切だと常々実感しています。
以上、私自身の翻訳者となってからのここ数年の経験から感じた点です。何かご参考になれば幸いです。今後後進の方々がどんどん育ってくれると良いなと思います!

注目コンテンツ

翻訳家になる方法とは

プロの翻訳家を目指して日々努力している方は多いのではないでしょうか。しかし、翻訳業は非常に新規参入が難しい業界ですので、素人がいきなり翻訳家になることはまず不可能です。今回は翻訳家に…

Read More

翻訳はどんな人が行っているのか

翻訳をやっている人ってどんな人だと思いますか?私の経験に基づいてお話しさせていただきます。まず考えられるのが「英語が好きな人」。でも、私自身そうなのですが、ただ英語が好きなだ…

Read More

翻訳を目指すなら諦めずに追い続けることが大切

翻訳家になりたいと考えている人に一言。あなたは「翻訳家」に対してどのようなイメージを持っていますか?私自身翻訳に携わる者として思うのは、「翻訳って、はたして報われるものなのか」という…

Read More

翻訳をお願いするときの探し方

翻訳して欲しい素材がある場合どこへお願いをすればいいのか?まず、その言語(たとえば英語)が苦手で個人的に(仕事関係であれ、私的なことであれ)そこに書かれている内容が知りたい場合、クラ…

Read More